« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

食いしん坊おやじ

2010,4,12 胡椒ソバ
 
美味しい食べ物を見つけると自分の「舌」で味わってみないと気がすまない性分なので困ったもんだ。つまり「食いしん坊」なのかな。数ヶ月前のテレビで品川の胡椒ソバなるものを見てから気になっていたが先日ついに行く事ができた。「 麺の上前面に胡椒が載っているが辛くなく美味しい。」との事で珍しい中華麺だそうだ。

品川駅港南口を降り、テレビで見た場面の記憶を頼りに住所も電話番号もわからないが探してみた。食いしん坊の執念と言うか頑張って探した。雨が降っていたが傘を開いてさせないほど細い路地をうろうろしながらやっと見つけた中華屋さん。カウンターだけの狭い店舗は腰の曲がったおじいさん店主とその奥さんの二人で切り盛りしていた。早速胡椒ソバを注文。出てきました。 タン麺の上にとろみの具が載っておりその前面に胡椒が振りかけてあるのだ。辛くて食べられるか心配になったが思いのほか美味しくてくしゃみも出ずに全部食べてしまった。なかなかおつな味でした、ご馳走様。
この話を友人に話したら最近他のテレビにも出たらしく人気になっているそうだ。皆さんも一度ご賞味ください。

2010041218520001



 2009,8月13(木)名古屋食べ歩き(続き)

 以前より名古屋地方は喫茶店のモーニングサービスが盛んである事を聞いていたので、喫茶店に寄ってから出かける事にしよう。

その日の予定は東区にある徳川美術館に行く事であった。此処は名古屋駅からは30分ほどの住宅地だ。それでは探してみようかなと美術館へ行く道沿いの喫茶店を物色してみた。ほどなく一軒の喫茶店を見付けて入る。表のメニューを見るとモーニングサービスと書いてあり入ってみた。店の雰囲気は地方の喫茶店という感じ。名古屋駅付近とは雲泥の差がある感じ。

コーヒー一杯分の料金でゆで卵とトーストがついてきたが、小学校の給食時の様にプラスチック製のお盆に卵とト-ストを乗せて運ばれてきた。見た瞬間に「失敗だったかな。」と思ったが食べてみました。
普通以下の入れ物と、普通以下のトースト。コーヒーの味もそれなりであった。少々期待しすぎたかな。(その後の調査によりモーニングサービスが盛んなのは名古屋を少し過ぎた一宮付近の喫茶店が人気があるそうだ。)

香り豊かで一口飲んだらため息の出るようなコーヒーに、茹でたての卵、そしてふっくらと厚くバターの匂う少しこんがりのトーストなら申し分ないのだがすべてその反対の味だった。

しかしおしゃれな雰囲気の味の良い店は、名古屋駅前にある数件の喫茶店が良いと言うことも調べたので次の機会に寄ってみよう。失敗は成功の元。これからも自分の足と舌を使って更に調査を続けることにしよう。

2009,8月12(水)名古屋食べ歩き(続き)

岐阜での講習会も4時30分に無事終了。明日から夏休みなので1泊して帰る予定にする。

話しは少し遡るが、実は6月14日の気まぐれ日記を読んでくれました、名古屋出身の患者さんより情報提供ありで「ひつまぶし」は蓬莱軒だけでなく他にもあるとの事。「えー、ほんとですか。」とその時の私。話を聞くとそこの店の「ひつまぶし」もなかなかの味らしい。

と言うことで今晩は、もう一軒のひつまぶし屋さんに行く事にしていた。店名は「いば昇」と言う変わった名前で場所は名古屋駅から地下鉄で3つ目の「栄、さかえ」と言う場所にあった。栄とは東京の丸の内のオフィス街と新宿と渋谷が一緒になったようなところだった。大きな銀行が立ち並ぶその横にデパートが並びその隣に飲食店通りがある。飲食店通りパチンコ屋さんの先の路地を入ったところにお目当ての「いば昇本店」があった。

のれんをくぐり入った(待つこともなく)その店は時代を30年ほど遡った雰囲気の店だった。どこを見回しても時代に残されてしまったような感じを拭えない。「こうなれば後は味で勝負しよう。もし美味しくなかったら二度と来ないぞ。」と思いながら待つ事20分。「お待ちどう様」とおばちゃんの声。「あ、ごめんなさい」昔のお姉さんの声でした。

蓬莱軒のひつまぶしの味がまだ頭の中に残っているが「さー、此処のひつまぶしは一体どんな味かな。」と考えながら縦横に分け目を入れ四分の一を取って茶碗に入れる。そして一口。「おや、これは。」そしてもう一口、またもう一口で一杯目を食べてしまった。二杯目は薬味を乗せてもう一杯。三杯目はお茶漬けにしてさらさらと一杯そして4杯目は好きな食べ方でもう一杯。あっという間に食べてしまった。感想は皮が少し「パリパリ」として香ばしくこってりとして、これまた捨てがたい味だった。甲乙つけがたいのであった。もぅ一度ひつまぶしを食べに行くとしたらどっちにも行きたいである。ご馳走様でした。
(名古屋食べ歩きまた続く。)

2009,8月12(水) 名古屋食べ歩き

先日岐阜で8月度の講習会があった。若い先生達と一緒に勉強することもいい刺激になり、やる気を奮起させてくれる。

考えがあり朝食は摂らないで出てきた。其の訳は、名古屋駅で新幹線を降り、岐阜への東海道線に乗り換えるのだが、この僅かな時間(20分)を利用して名古屋名物の「きしめん」を食べることにしていた。
新幹線ホームにある立ち食いのうどん屋さんである。「きしめん」はご存じ麺の形が平べったいのだ。
汁はしょう油味で麺の他には削り節と油揚げ一枚とネギが載っているだけのシンプルなのを選んだ。
立ち食い店とは言えこれが美味しいのだ。時間を気にしながら舌を火傷しないようにきしめんを味わったが私的には合格だったごちそう様。 (続きあり。)

Img_0236_edited1

2009、6月14日(日) 名古屋名物、うなぎP-Ⅱ

 名古屋は美味しいものが沢山あるようだが、私が以前より一度行ってみたいと思っていたのは、うなぎ料理の「ひつまぶし」だ。岐阜での講習会の帰りに名古屋に寄る事ができたので待望の「ひつまぶし」を食べてきた。

実は今年初め頃に、東京近郊のある巨大ショッピングセンターの中のレストラン街で名古屋のひつまぶし料理を宣伝している店があったので食べたが、偽物だった。その時私はまだ1回も「ひつまぶし」を食べたことはなかったが「これは違うんじゃないの。」と言えるほどガッカリする物だった。

今回は転勤で名古屋に住んでいる娘と合流して(妻も一緒に)3人で名古屋見物をしながら行ってきた。
本物は熱田神宮のそばにある「あつた蓬莱軒のひつまぶし」だ。11時30分開店で「11時15分より注文と人数をお聞きします。」とあったので熱田神宮を早めにお参りしてから、混むと入り損なって仕舞うと思い10時45分にお店へ。今日の一番乗りであった。少し早過ぎたかなと思ったが間もなくぞろぞろと「ひつまぶし」目当てのお客さん達が集まってきた。11時15分にはもう30名以上の行列になってしまった。

日本庭園が見える窓側の席へ案内され注文をとってから出てくるまでが長く感じた。待ちに待った「ひつまぶし」がはこばれてきた。テレビ等では何回も見ていたので知っていたが、いざ自分の前にでてくると感激である。木製の器(丼)にたっぷりうなぎが入っている。他と違うのはウナギが細切りになっているのだ。さて食べ方だが、おしゃもじで縦横に4等分に分ける。別のお茶碗に最初の一杯目を盛って一口食べる。「うーん、言葉にならない」ここで簡単に「美味しい」だけでで済ませたくない感激の味である。夢中でかきこみ一杯目終了。二杯目はネギや海苔の薬味をかけて食べる、これも最初のと味が変わって「うーん、なるほど。」と言う感じ。三敗目はお茶漬けにしてサラサラと食べる。これまたおつな味。4杯目はお好みで自由に最後の一杯を味わって食べる。私は何もかけないでうなぎの味を惜しみながら食べた。

あっと、言う間の「ひつまぶし」「ウーン、旨かった。」美味しかったではなく正直な表現「旨かった」である。満腹状態。お店の外へ出るとすでに50人ほどの行列になっていた。今回少しでも並ぶのが遅かったら新幹線に間に合わなかったかも。よかったよかった。長年の夢が叶ってこれで東京へ安心して帰れる。新幹線の中では東京までグッスリだった。


2009,5月4日(祝) ウナギの刺身

 「ウナギの刺身」って聞いたことがないでしょう。何故か?それはウナギの血には「イクシオトキシン」という毒になる成分が含まれているとの事で、昔から刺身などの生では食べないことになっているらしい。

しかしこれを研究の末、食べられるようにしてしまったお店があることをテレビで知った。うなぎ好きの私はテレビで見て以来、気になっていたが今回時間ができたので行ってきた。
場所は埼玉県の松伏町、東武伊勢崎線の「せんげん台」駅よりタクシーで15分程の所にあった。田んぼに囲まれた田舎町といったところだ。古民家風の作りのお店の、うなぎの「川昌」さんだ。

表に「今日は予約の方のみです」とあったしかし予約はしていなかったのである。しかし此処まで来て帰るのはちょっと悲しいかな。お店の方に頼むと「少々お待ちください。」と言われた時、丁度帰る人がいた。「席が空いたのでどうぞ。」と言われ「ラッキー」とばかりで座敷に入れた。タイミングが良いとはこの事か。

早速その「うなさし」を注文した。仕込みに10時間かかるそうで、見た目はフグ刺しの様な盛り付けで運ばれてきた。早速一口、うなぎの脂っぽさと、刺身のさっぱり感とが程良くミックスした様な初めての食感である。「美味い」である。
「うなさし」は少しだけにして「うな重も」頼んだ。これがうなぎ好きの私にはこれまた答えられなかった。まずうな重のフタを取った時そのボリュームにビックリ。一口食べて思わず「にっこり」文句なく合格だった。「此処まで来て良かった。」である。食べ終わった時に丁度2時頃。帰りはボチボチと、バスで帰ろかなと思いお店の人にバス停を聞くとちょっと遠いらしい。しばらくして「今からお昼の部が終わりで、少し時間ができるので主人が駅までお送りします。」と言われびっくり。「遠いところからわざわざ来ていただいて嬉しい。」との事で、恐縮したがお言葉に甘え駅まで送ってもらう事に。道すがら車の中でうなぎ料理の話を聞く。今日食べなかったうなぎのしゃぶしゃぶやフォアグラ焼き、など人気の料理がいろいろあるそうで是非叉行ってみたいと思った。行く方は是非車が便利です。

しかし「川昌」さんの料理に対する研究心やお客さんに対する接し方は私にも非常に勉強になった。見習うところ沢山ありだった。ありがとうございました。

|
|

過去の日記より


2010年4月2(金) 嬉しかった事

 今日嬉しい事があった。数ヶ月前まで治療していた患者さん(妊娠10ヶ月まで治療)その後「、無事生まれたかな。」と気になっていたが今日「おかげさまで無事に出産できました。」と赤ちゃんを抱いて挨拶に来られました。安産で母子共にお元気との事、このような時ほんとに鍼灸師をしていて良かったと生きがいを感じ、スタッフ共々喜びました。

でも最近は生まれてからも、全然連絡の無い人が増えている事も事実で、「メールの一通くらい出してくれてもいいのになー。」と思う事がある。「そんな世の中になったのかなー。」とふと寂しくなる事多いが今日は嬉しかったな。

2010年2月28(日) 地球儀

最近のテレビニュースを見ていて世界のあちこちで様々な事件やいろいろな出来事が起きてそれを見る度「あれ、この国は地球上のどのあたりだったかな。」と思う事度々ありだった。

今日愛用の万年筆が壊れてしまい銀座の文具店へ行き修理してもらった。帰り際に地球儀が沢山展示してあるのが眼に止まった。「そうだ家庭に一つ地球儀があれば便利だな。」と思い買ってしまった。家に帰ってゆっくり眺めてみた思い違いや新たな発見が多かった。勉強不足だね。

でも地球的にいろいろな国を見るのもいいもんだね。平面的に世界地図を見るのとは大違いだな。


2010年1月24(日) 行列好き
街を歩いていて時々行列を見かけるが、野次馬根性の強いこのおじさんとしてはそのまま通り過ぎる事ができない。必ずリサーチすることにしている。自分に全然関係なければそのまま行ってしまうが、興味ある面白い事も沢山ある。最近では有楽町に映画を見に行った時、私の見る映画のチケット売り場の反対側に行列あり。早速調べたら、今話題の大作3D映画だった。日を改めて見に行った事は勿論である。感動でした、お奨めします。

次は東京駅の地下街を歩いていた時、あるラーメン屋さんの行列だった。ラーメン屋さんが4店並んでいたがその中の1店が行列していた。一番後ろに並んでいたお兄さんに聞いてみた。1時間待ちだそうです。「うーん」と心の中でうなりながら「興味をそそられるねー。」と自分。次の予定の事を考えながら「よし、此処はじーと我慢。」で並んでみるか。そのお兄さんとラーメン談義をしながら並んでしまった。「つけ麺」が旨いそうだ。付け汁の味は魚系でとても濃い味だ。しかし臭みが無く旨いである。一度は食べてみる価値ありだ。

次の行列は銀座のあるデパートの1階玄関だった。行列の先は地価の食品売り場へと続いていた。今話題の「ラスク」だった。しかしその時は時間が無くあきらめ。そして今日銀座の文具店へ用がありその帰りに寄って見たら5分待ちだった。早速買って帰った。正月に「撮り溜め」していた映画を見ながらゆっくり賞味した。やはり行列ができる味だね。ご馳走様でした。

 

2009年11月23(祝) 命の洗濯
 
日頃都会の雑踏の中に暮らしているとそれだけでストレスになってしまう事がある。「たまには郊外でいい空気と美味しいものでも。」と言う事で、我ら夫婦は好天の今日紅葉を眺めに奥多摩青梅に行ってきた。実はお目当てのレストランがあったのだ。青梅駅で降りて山を目指して歩く事30分。山の麓、清流と木立に囲まれた場所にそのレストランはあった。杉の木の間伐材で作ったログハウスの雰囲気のレストラン。薪窯パン工房「木の葉」さん

そこでは薪窯で焼いたパンが食べ放題。聞くところによるとオーストリアから材料と職人さんを呼んで薪窯を作ったそうで、国産小麦と天然酵母で焼いたパンだそうです。食べ方もオーストリア風で数種類のペーストを焼き立てのパンにつけて食べる。これまたなかなか捨てがたいおつな味だった。幾らでも入ってしまう。 小鳥の声を聞きながら、好い空気を吸いながら食べるのだから美味しいのは当然。

レストランの名前が「木の葉」と言うのにぴったりだなと思いながら、妻と二人ご機嫌で「また来たいね。」という事になった。食後は山奥を散策しひんやりとしたいい空気を思い切り吸ってきた。人が少なく何も音がしない世界を体験したのは珍しい事であった。

2009年5月28(木) 足湯と、うどん

 「足湯と、うどんとは関係あるのか」と言われれば「関係ない」だが、共通点はと言うと両方とも「温かい」である。少しさぼり気味だった黒酢で足湯だが、最近毎日おこなっている。習慣になると気持ちが良いので少しの時間でもやりたくなってしまう。今日も昼休みの時間におこなう事にした。20分程時間が取れそうなので準備している時、妻の「今日のお昼はうどんだけどどうする。」の声。

うどんをゆっくり食べていると足湯の時間がなくなってしまう。そうだ一石二鳥で足湯をしながらうどんを食べてみよう。足湯はお風呂場で風呂用の椅子に座ってのんびりしているし、両手も空いているので丁度良い。足湯の効果で胃腸系が活発になっているのでしょう、これが実に美味いのである。足湯で全身がポカポカしているところに熱いうどんを食べるのであるから、それはもう頭から湯気がでるほど全身汗だくになってしまった。効果満点の足湯とうどんのお話でありました。是非お試しをどうぞ。


2009年、2月22日(日) 行列のできる店

 先日、休診日(月)に医学書を買い求める為、東京駅近くの専門書店へ行った。目的の本は直ぐに見つかり帰る事にした。東京駅まで戻るか、または少し歩いて地下鉄の日本橋駅まで行くか思案したが、散歩がてら日本橋まで歩くことに。時刻は丁度昼時。どこかで食事でもと思いながら歩く。表通りは車が激しいので裏路地を選んで歩く。

ある路地に入ったところ前方に行列ができているではないか。その前まで行くと近所のサラリーマン風の男性がある店の前に並んでいる。好奇心旺盛な私はそのまま通り過ぎることができずに、中を覗いてみた。店は小さく10人ほど入れば満員になってしまうほど。年配のご夫婦とその娘さん風の家族3人で忙しく動き回っているのが見える。並んでいる人は6~7人ほど。並ぶほど何が美味しいのかと興味が湧いてくる。聞くのも恥ずかしいし何と聞いていいかも思案する。壁に貼ってあるメニューが目に入る。「南蛮麺、なんばんめん」の文字が目立つ。どうやらこの店のメインメニューは「南蛮麺」という物らしい。

初めて見るがいったいどんな味なんだろうかと興味が湧く。「せっかくだから食べていくか」と自分に言い聞かせ、とりあえず並んでみる。しかし変わったものを食べるにも勇気がいるもので、もし自分の好みでなかったらどうしようなどと考えているうちに「ハイお待たせしました奥へどうぞ、合い席でお願いしまーす。」とおばちゃんの声。他にもメニューはあったが先に入った人は皆口を揃えて「南蛮麺」である。隣で食べている人をそれとなく見たがすでに食べ終わる頃でどんな物か分からず。

お水を持っておばちゃんが注文を取りにきた。「お客さん何にしますか。」「えーと、南蛮麺」と私。一体どんな物が出てくるのかちょっとドキドキしながら待つ。間もなく「南蛮麺おまちどー様」で運ばれてきた物は、やはり初めて見るものだった。 そう何と言ってよいか判りやすく説明しよう。

大き目のラーメンどんぶりに麺が入っているそしてその上にかかっている具と言うのか何なのか。マーボ豆腐の豆腐を取り除いたあのとろっとしているのだ。口に入れると意外にいける味、ピリ辛である。「ピリ辛風味あんかけラーメン」と言ったとこかな。とろみと辛味そして麺が一体になってマッチしているのである。なかなかいける味である。私的には合格点だった。また近くに行った時はもう一度食べてみたいな。


2009年、2月15日(日) これって最高の贅沢かも

 昨日から泊りに来ていた娘と孫二人、会う度に大きくなっているようだ、その分こちらは年を取るんだな。今日は妻は孫達を送りながら買い物へ出かけたので私は一人のんびりお留守番。ビワの葉温灸を自分自身にゆっくりと心ゆくまでおこなう。

その後久しぶりで一丁さんのらーめんを食べに。今日はしょう油らーめんにした。ついでにプラス200円で角煮丼も追加。とろとろに軟らかくなった角煮と細切りのネギ、そしてアツアツのご飯を一緒に口に入れると思わず顔がほころぶ。ラーメンと交互に楽しむ。あー満腹、何時食べても美味しい。

帰りは腹ごなしに近所をのんびりお散歩をしながら帰宅。その後こんにゃく療法で肝腎脾臓のお手当てをしながら、その心地良い温かさにうとうととお昼寝をしてしまった。ストレス解消の一日であった。お金のかからない最高の贅沢を味わった。


2009年、1月11日(日) 下町散歩

 今日は天気の好い日曜日、家にいるより出かけたくなる日だ。妻と相談で東京の下町散歩に行く事に決定。行く場所は深川から両国方面。深川不動でお参りを済ませた。おみくじを引くと中吉であった、妻は大吉だと喜んでいる。おみくじを結ぶ所で絵馬も結んであった。その絵馬に書いてあった願い事が思わず目に入ってしまった。何処の何方が書いたか分からないが「今年こそ赤ちゃんが授かりますように。」と書いてあったのを見て私は思わずジーンと熱くなってしまった。今年もますます頑張らなければと思わずにはいられなかった。


その後、隣の神社の境内で骨董市を開催中。掘り出し物がないかと物色しながら見物。特になかったのでテクテクと散歩しながら今日のお目当て深川丼を食べに行った。清澄庭園近くに数軒あった。美味しそうな店を選んで入った。昼時だったので行列していた。
 深川丼とはアサリの炊き込みご飯とそれに味噌汁をかけた、通称ぶっかけご飯の二種類。両方食べたかったのでセットで注文。アサリがたっぷり入っていて美味しかった。
お腹が一杯になってしまったので、両国まで歩いたが途中和菓子屋さんがあったので入ってみた。
最近豆大福に縁があるのか、それを買って帰り食べたが普通の味だった。前回の豆大福とは比べようもなかった。やはりあの豆大福は美味しいよ。

 両国では江戸東京博物館で江戸の文化に触れ徳川展も見物勉強になった。帰りにお隣の国技館では今日から大相撲初場所の初日であった。力士さんがちょうど国技館入りをする時間でそれを見ようと見物の人だかりになっていた。数人の力士さんを見たけどさすがに大きい体だなと改めて感心した一日だった。

|
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »