讃岐うどん初体験

2015、9,28 
 たくみどう院長は蕎麦が大好きだが、手打ちうどんも好きです。たくみ堂は先週より今日まで遅めの夏休みを頂きました。あちこちと巡って来ましたが、前から行ってみて食べてみたかった讃岐うどんを体験する事ができたのです。今回岡山県まで足を伸ばしたので、ちょっと頑張って「せと大橋」を渡れば、そこはもう讃岐うどんの本場です。予め事前調査をして讃岐うどんベスト10のお店を調べ其の中より地理的、時間的に行けそうなうどん店を3~4件候補にあげておきました。せと大橋を電車で渡り四国香川県「坂出」にある「せとうち美術館に行きたかったので(絵画が好きなので特に日本画)、ここには有名な東山魁夷さんの絵を中心に展示してあるのでとても満足でした。

さてお腹も空いてきて時間も昼時、待望のうどんを食べに行く事に。 讃岐うどんには何種類もあり、釜揚げうどん、ぶっ掛けうどん、そして汁の入ったかけうどん。私個人的にはかけうどんが好きなのだが、注文の仕方があるらしい、うどんをゆでて熱いのに熱い汁をかけたのはうどんも、汁も両方熱いので、「熱々うどん」ゆでたうどんを冷水でしめて、熱い汁をかけたのは「ひやあつ」または「ぬるめ」と言うそうです。

さて美術館より乗ったタクシーの運転手さんに聞いてみたところ、「うどん屋は沢山あるけど観光客が多く行く店と地元の人が多く行く店とはっきり分かれてしまう」との事。私がネットで下調べした店は全て観光客しか行かない店だった。そこで運転手さんがいつも行く店をこっそり教えてもらちゃった。 坂出の駅裏通りにある「こむぎ屋」さんだ。入ってみるとやはり観光客らしいのは私達だけだ。地元の人がいつもの昼食を食べている風景だ。

こじんまりとした店で、おばちゃんが忙しそうにしている。「 はい、何にしますか」と言われてにわか知識で「ひやあつ二つ」と頼んだら「ぬるめ二つね」と言われてしまった。いやーやっと待望の讃岐うどんが目の前に感激。
勿論美味しかったよ。こむぎや屋さんのうどんはさすがこれが本場の讃岐うどんかと思わせる歯ごたえと、汁の美味さいやー満足。これでいっぱい250円だから更に満足。うどんの他におでんを数点何故か「おでんとうどん」はコンビらしい。1000円札でお釣りがきたよ。ごちそう様でした。食いしん坊おやじの巻。

Udon21


|
|

たこ焼き

 2015,6,14 美味いたこ焼き
 最近のたこ焼きはフワフワとしていて、ちょっと押さえるだけで、ぺちゃんこになってしまうたこ焼きが多いと思うけどな。私は昔ながらのたこ焼きの方が好きなんだけど。
 つい先週の事、耳寄りな情報がありました。 洗足池近くに美味しいたこ焼き屋さんがあるとの事。聞くところによると普通のたこ焼きより一回り大きく、中のたこも勿論大きく、歯ごたえもあるそうです。店長のおじさんは元たこの卸問屋をやっていたので、安くて新鮮なたこが仕入れできるそうです。研究熱心でいろいろなソースも研究しているとの事。
 
それだけ聞いてしまったら、食いしん坊おやじの、食指がぴくぴくとしちゃった。 休憩時間に、早速試食を兼ねて買いに。見た目も匂いも美味しそうだ、熱々のところをパクリ。ソース味も美味しかったけど、わさび醤油味もなかなか乙なもんだった。イヤー美味しかったなー。合格点だ。美味しそうで急いで食べてしまい、写真がなくてごめんなさい。


|
|

草加せんべい

 2015,6,1 
 数年前のある日、友人の居る草加市へ。其の家でお茶うけに出された草加せんべいに私は「目からうろこ」と言うんでしょうか。煎餅好きの私だが、今まで味わったことの無い乙な味に虜になってしまった。 以来草加へ行った時には其の店、草加煎餅「丸草一○」店へ。いろいろ種類も多くどれを食べても美味しいが、特に好きなのは
天日干し、手焼きのせんべい。見た目はありふれたせんべいだが、食べると素晴らしい。香り、味、歯ごたえ、がなんとも言えず、聞くとベテランの職人さんが少数のみ焼いているそうです。 お店にだしてもすぐに売れてしまいなかなか口にすることが出来ない。 今日は行く日だったので電話してみたら運良くありました。取り置きしてもらい、用が済んでから行ってみた。既に全部売り切れで電話して良かったなと。先ほど口に入れることができ、家内と「やっぱり天日干しは美味いと」意見一致。ありがとう

 Sennbei2


|
|

ソーメンと冷やし中華

2015,5,28日
 たくみ堂院長、昼食は麺類を食べる事にしているが、ここ数日季節はすっかり初夏。寒いときは食べたくないが
暑くなると食べたくなるのが、ざるそば、 ソーメンと冷やし中華だな。気温が高くなると美味しく感じるので不思議だな。やはり身体が涼を求めるのか、特に冷たい麦茶とソーメンは大好きだ。
 Hayasi2

 


|
|

しらす丼

 2013,6.1 しらす丼
 先日たくみ堂のスタッフと湘南鎌倉、江の島へ行ってきた。まずは江ノ電で長谷寺に行き、たくみ堂の患者さんが無事に妊娠できますようにと、全員で「子授け祈願」をいたしました。あじさいを見た後、再び江ノ電で江の島へここには鍼の神様ともいうべき杉山和一様のお墓があります。全員鍼が上達できるように拝んできました。
 この後お腹も空いてきましたので、景色の好いお店で「海鮮しらす丼」を食べた。美味しかった。
 Img_0532


|
|

食いしん坊おやじ

 2013,5,6 海鮮丼
 食いしん坊おやじが久しぶりに登場です。 情報により、東名川崎インター近くに「川崎北部市場」があることを聞きました。東京の築地市場と変わらぬ大きさの市場がありびっくり。その中にある食堂街おそばの「さかもと」さんです。おそば屋さんなのにそば以外に鮮魚ものが得意でこれまたおいしいものばかりです。海鮮丼が素晴らしく新鮮な具が沢山載っており「850円」と格安。是非いちど足を運ぶ価値あり。天丼も美味しそうだった。また行きたいな。情報提供のHさんありがとうございました。
 
 Kaisendon


|
|

名古屋 ひつまぶし本店体験

Img_0743_edited1


先日研修会で名古屋へ行った。その帰りに一度行ってみたかった、ひつまぶしの「あつた蓬莱軒」の本店に行って来た。
本店前で娘夫婦と家内と待ち合わせていたので、雨のポツポツと降る梅雨空の中、地図を見ながら何とか約束の時間に間に合った。(夕方5時30分)趣きのある和風の建物だ。門を入り庭園を見ながら玄関へ。しかしそこで順番を待つ人達が20人程でびっくり。大まかな予約をしていたので大きく待つ事も無く和室の大部屋へ案内された。
注文は勿論お目当ての「ひつまぶし」写真で見る様に、少し深焼きのその味は濃い目である。縦横四等分に切れ目をつけて、お茶碗に盛って一杯目は普通に食べる。二杯目はお茶漬にしてうなぎごとさらさらと食べた、なかなかいける味だな。三杯目は好きな薬味をかけてもう一杯。そして最後の一杯はよく味わって普通に食べた。あっという間の「ひつまぶし」でした。ご馳走様やはり旨かった。

|
|

食いしん坊おやじ(しらす丼)

 春先から初夏にかけて湘南鎌倉、江ノ島沖で捕れるしらす漁だが、この捕れたての「しらす」をさっと釜揚げにして熱いご飯にかけて食べる「しらす丼」が食べたくて連休の昨日行ってみた。朝ごはんを食べずに7時出発。一路江ノ島へ直行。駅に着いたのは8時45分。皆江ノ島へ向かって歩いている。途中タワー展望台で360度の湘南の景色を眺める。天気がよく初夏の風が心地よいと感じる。降りてからお目当てのお店へ向かう。通常飲食店は11時頃開店だが「今日はどうかな。」と思いつつお店の前に10時少し過ぎているがすでにお客さんが入っている。

待つ事も無く座れた、今日は早めに開店したのかな。茹でたての釜揚げしらすと、生のしらすが半々に載っている「ハーフ丼」を注文した。すり下ろした生姜と混ぜ、醤油を少しかけて食べるこの「しらす丼」おじさんの食欲を十分に満たしてくれる、満足できる味でした。ご馳走様。店を出るとかなりの行列で帰り道の参道は、歩くのがやっとの原宿の竹下通りの様に混雑していた。
Img_1416_3

Img_1420_3

|
|

食いしん坊おやじ

2010,4,12 胡椒ソバ
 
美味しい食べ物を見つけると自分の「舌」で味わってみないと気がすまない性分なので困ったもんだ。つまり「食いしん坊」なのかな。数ヶ月前のテレビで品川の胡椒ソバなるものを見てから気になっていたが先日ついに行く事ができた。「 麺の上前面に胡椒が載っているが辛くなく美味しい。」との事で珍しい中華麺だそうだ。

品川駅港南口を降り、テレビで見た場面の記憶を頼りに住所も電話番号もわからないが探してみた。食いしん坊の執念と言うか頑張って探した。雨が降っていたが傘を開いてさせないほど細い路地をうろうろしながらやっと見つけた中華屋さん。カウンターだけの狭い店舗は腰の曲がったおじいさん店主とその奥さんの二人で切り盛りしていた。早速胡椒ソバを注文。出てきました。 タン麺の上にとろみの具が載っておりその前面に胡椒が振りかけてあるのだ。辛くて食べられるか心配になったが思いのほか美味しくてくしゃみも出ずに全部食べてしまった。なかなかおつな味でした、ご馳走様。
この話を友人に話したら最近他のテレビにも出たらしく人気になっているそうだ。皆さんも一度ご賞味ください。

2010041218520001



 2009,8月13(木)名古屋食べ歩き(続き)

 以前より名古屋地方は喫茶店のモーニングサービスが盛んである事を聞いていたので、喫茶店に寄ってから出かける事にしよう。

その日の予定は東区にある徳川美術館に行く事であった。此処は名古屋駅からは30分ほどの住宅地だ。それでは探してみようかなと美術館へ行く道沿いの喫茶店を物色してみた。ほどなく一軒の喫茶店を見付けて入る。表のメニューを見るとモーニングサービスと書いてあり入ってみた。店の雰囲気は地方の喫茶店という感じ。名古屋駅付近とは雲泥の差がある感じ。

コーヒー一杯分の料金でゆで卵とトーストがついてきたが、小学校の給食時の様にプラスチック製のお盆に卵とト-ストを乗せて運ばれてきた。見た瞬間に「失敗だったかな。」と思ったが食べてみました。
普通以下の入れ物と、普通以下のトースト。コーヒーの味もそれなりであった。少々期待しすぎたかな。(その後の調査によりモーニングサービスが盛んなのは名古屋を少し過ぎた一宮付近の喫茶店が人気があるそうだ。)

香り豊かで一口飲んだらため息の出るようなコーヒーに、茹でたての卵、そしてふっくらと厚くバターの匂う少しこんがりのトーストなら申し分ないのだがすべてその反対の味だった。

しかしおしゃれな雰囲気の味の良い店は、名古屋駅前にある数件の喫茶店が良いと言うことも調べたので次の機会に寄ってみよう。失敗は成功の元。これからも自分の足と舌を使って更に調査を続けることにしよう。

2009,8月12(水)名古屋食べ歩き(続き)

岐阜での講習会も4時30分に無事終了。明日から夏休みなので1泊して帰る予定にする。

話しは少し遡るが、実は6月14日の気まぐれ日記を読んでくれました、名古屋出身の患者さんより情報提供ありで「ひつまぶし」は蓬莱軒だけでなく他にもあるとの事。「えー、ほんとですか。」とその時の私。話を聞くとそこの店の「ひつまぶし」もなかなかの味らしい。

と言うことで今晩は、もう一軒のひつまぶし屋さんに行く事にしていた。店名は「いば昇」と言う変わった名前で場所は名古屋駅から地下鉄で3つ目の「栄、さかえ」と言う場所にあった。栄とは東京の丸の内のオフィス街と新宿と渋谷が一緒になったようなところだった。大きな銀行が立ち並ぶその横にデパートが並びその隣に飲食店通りがある。飲食店通りパチンコ屋さんの先の路地を入ったところにお目当ての「いば昇本店」があった。

のれんをくぐり入った(待つこともなく)その店は時代を30年ほど遡った雰囲気の店だった。どこを見回しても時代に残されてしまったような感じを拭えない。「こうなれば後は味で勝負しよう。もし美味しくなかったら二度と来ないぞ。」と思いながら待つ事20分。「お待ちどう様」とおばちゃんの声。「あ、ごめんなさい」昔のお姉さんの声でした。

蓬莱軒のひつまぶしの味がまだ頭の中に残っているが「さー、此処のひつまぶしは一体どんな味かな。」と考えながら縦横に分け目を入れ四分の一を取って茶碗に入れる。そして一口。「おや、これは。」そしてもう一口、またもう一口で一杯目を食べてしまった。二杯目は薬味を乗せてもう一杯。三杯目はお茶漬けにしてさらさらと一杯そして4杯目は好きな食べ方でもう一杯。あっという間に食べてしまった。感想は皮が少し「パリパリ」として香ばしくこってりとして、これまた捨てがたい味だった。甲乙つけがたいのであった。もぅ一度ひつまぶしを食べに行くとしたらどっちにも行きたいである。ご馳走様でした。
(名古屋食べ歩きまた続く。)

2009,8月12(水) 名古屋食べ歩き

先日岐阜で8月度の講習会があった。若い先生達と一緒に勉強することもいい刺激になり、やる気を奮起させてくれる。

考えがあり朝食は摂らないで出てきた。其の訳は、名古屋駅で新幹線を降り、岐阜への東海道線に乗り換えるのだが、この僅かな時間(20分)を利用して名古屋名物の「きしめん」を食べることにしていた。
新幹線ホームにある立ち食いのうどん屋さんである。「きしめん」はご存じ麺の形が平べったいのだ。
汁はしょう油味で麺の他には削り節と油揚げ一枚とネギが載っているだけのシンプルなのを選んだ。
立ち食い店とは言えこれが美味しいのだ。時間を気にしながら舌を火傷しないようにきしめんを味わったが私的には合格だったごちそう様。 (続きあり。)

Img_0236_edited1

2009、6月14日(日) 名古屋名物、うなぎP-Ⅱ

 名古屋は美味しいものが沢山あるようだが、私が以前より一度行ってみたいと思っていたのは、うなぎ料理の「ひつまぶし」だ。岐阜での講習会の帰りに名古屋に寄る事ができたので待望の「ひつまぶし」を食べてきた。

実は今年初め頃に、東京近郊のある巨大ショッピングセンターの中のレストラン街で名古屋のひつまぶし料理を宣伝している店があったので食べたが、偽物だった。その時私はまだ1回も「ひつまぶし」を食べたことはなかったが「これは違うんじゃないの。」と言えるほどガッカリする物だった。

今回は転勤で名古屋に住んでいる娘と合流して(妻も一緒に)3人で名古屋見物をしながら行ってきた。
本物は熱田神宮のそばにある「あつた蓬莱軒のひつまぶし」だ。11時30分開店で「11時15分より注文と人数をお聞きします。」とあったので熱田神宮を早めにお参りしてから、混むと入り損なって仕舞うと思い10時45分にお店へ。今日の一番乗りであった。少し早過ぎたかなと思ったが間もなくぞろぞろと「ひつまぶし」目当てのお客さん達が集まってきた。11時15分にはもう30名以上の行列になってしまった。

日本庭園が見える窓側の席へ案内され注文をとってから出てくるまでが長く感じた。待ちに待った「ひつまぶし」がはこばれてきた。テレビ等では何回も見ていたので知っていたが、いざ自分の前にでてくると感激である。木製の器(丼)にたっぷりうなぎが入っている。他と違うのはウナギが細切りになっているのだ。さて食べ方だが、おしゃもじで縦横に4等分に分ける。別のお茶碗に最初の一杯目を盛って一口食べる。「うーん、言葉にならない」ここで簡単に「美味しい」だけでで済ませたくない感激の味である。夢中でかきこみ一杯目終了。二杯目はネギや海苔の薬味をかけて食べる、これも最初のと味が変わって「うーん、なるほど。」と言う感じ。三敗目はお茶漬けにしてサラサラと食べる。これまたおつな味。4杯目はお好みで自由に最後の一杯を味わって食べる。私は何もかけないでうなぎの味を惜しみながら食べた。

あっと、言う間の「ひつまぶし」「ウーン、旨かった。」美味しかったではなく正直な表現「旨かった」である。満腹状態。お店の外へ出るとすでに50人ほどの行列になっていた。今回少しでも並ぶのが遅かったら新幹線に間に合わなかったかも。よかったよかった。長年の夢が叶ってこれで東京へ安心して帰れる。新幹線の中では東京までグッスリだった。


2009,5月4日(祝) ウナギの刺身

 「ウナギの刺身」って聞いたことがないでしょう。何故か?それはウナギの血には「イクシオトキシン」という毒になる成分が含まれているとの事で、昔から刺身などの生では食べないことになっているらしい。

しかしこれを研究の末、食べられるようにしてしまったお店があることをテレビで知った。うなぎ好きの私はテレビで見て以来、気になっていたが今回時間ができたので行ってきた。
場所は埼玉県の松伏町、東武伊勢崎線の「せんげん台」駅よりタクシーで15分程の所にあった。田んぼに囲まれた田舎町といったところだ。古民家風の作りのお店の、うなぎの「川昌」さんだ。

表に「今日は予約の方のみです」とあったしかし予約はしていなかったのである。しかし此処まで来て帰るのはちょっと悲しいかな。お店の方に頼むと「少々お待ちください。」と言われた時、丁度帰る人がいた。「席が空いたのでどうぞ。」と言われ「ラッキー」とばかりで座敷に入れた。タイミングが良いとはこの事か。

早速その「うなさし」を注文した。仕込みに10時間かかるそうで、見た目はフグ刺しの様な盛り付けで運ばれてきた。早速一口、うなぎの脂っぽさと、刺身のさっぱり感とが程良くミックスした様な初めての食感である。「美味い」である。
「うなさし」は少しだけにして「うな重も」頼んだ。これがうなぎ好きの私にはこれまた答えられなかった。まずうな重のフタを取った時そのボリュームにビックリ。一口食べて思わず「にっこり」文句なく合格だった。「此処まで来て良かった。」である。食べ終わった時に丁度2時頃。帰りはボチボチと、バスで帰ろかなと思いお店の人にバス停を聞くとちょっと遠いらしい。しばらくして「今からお昼の部が終わりで、少し時間ができるので主人が駅までお送りします。」と言われびっくり。「遠いところからわざわざ来ていただいて嬉しい。」との事で、恐縮したがお言葉に甘え駅まで送ってもらう事に。道すがら車の中でうなぎ料理の話を聞く。今日食べなかったうなぎのしゃぶしゃぶやフォアグラ焼き、など人気の料理がいろいろあるそうで是非叉行ってみたいと思った。行く方は是非車が便利です。

しかし「川昌」さんの料理に対する研究心やお客さんに対する接し方は私にも非常に勉強になった。見習うところ沢山ありだった。ありがとうございました。

|
|